喉がイガイガして辛い時って結構ありますよね。

食事するときとか、唾液を飲み込む時に痛みがあったりして、

ものすごく気になったりします。

 

なるべく鼻で息をするように心がけても治りにくい・・・

そして、夜寝る時とか、朝起きた時に喉が痛くなったりします。

 

これから乾燥する季節に入るので

喉が痛くなる症状に悩まされそうな気がしますよね。

喉がイガイガする原因って一体何なのでしょうか?

 

イガイガする原因には色々な種類のものがあります。

ですが、それに共通しているのは喉の粘膜が炎症を起こすという事。

喉の違和感とか痛みのも、これが理由になっているんですね。

以下、代表的な原因について書いていきます。

 

・空気の乾燥

秋や冬に喉がイガイガする事が多いのは

この空気の乾燥が原因となっている場合が多いです。

喉の粘膜は潤いを持つことで、細菌やウイルスなどを排出していますが、

空気が乾燥してしまうと、この機能が弱まってしまいます。

その結果として、喉の粘膜にウイルスなどがくっついて炎症を起こしてしまうんですね。

対策としては、加湿器などを使ったり、マスクをするという手もあります。

 

・風邪によるもの

寒くなってくると多くなるのが風邪ですよね。

この風邪のウイルスが喉で繁殖して炎症を起こすというのも原因となります。

これからの季節は増えそうなので注意したい所ですね。

対策としては、乾燥の所で書いたものの他に、

しっかり栄養を取って体力を付けたり、規則正しい生活を送るのも必要となります。

 

・アレルギーによるもの

意外と多いのがこのアレルギーによるものです。

アレルゲンとなるものはハウスダストやダニなど、身近な所に沢山あります。

花粉症とかには罹っていない、という人でも、

多少のアレルギー反応は出るという場合があります。

身近な所での対策は難しくなるので、

どうしてもイガイガが治らないという人は、一度病院へ行ってみた方が良いでしょう。

 

これ以外にもストレスが原因となっていたり、

喉がイガイガする要因ってかなり多かったりします。

喉の炎症を鎮めるには蜂蜜やお茶などが効果的なので

そういったものを試してみるのも効果が期待出来るでしょう。