春が過ぎて、少しずつ夏が近づいてきました。

そうなると気になるのが熱中症です。

 

暑くなると起こりがちなものなので、

その原因などを知っておきましょう。

 

熱中症の原因って?分類?

熱中症というと、暑さが原因で起こるような印象が有りますが、

実際のところはどのような原因で起こるのでしょうか?

 

熱中症が起こりやすいのは、高温多湿の環境下で、

通常、人の身体は暑くなると汗を出して、

その気化熱で身体を冷やしていたりします。

 

ですが、多湿環境下では、その汗が蒸発しにくくなり、

身体の熱を放出するのが難しくなってきます。

 

そうなると、身体にが溜まってしまい、

体温が上がりすぎてしまう・・・というのが、

熱中症が起こる仕組みだとされています。

 

その他にも、あまりにも温度が高い場合に、

いくら汗を出しても身体の冷却が間に合わず、

体温がどんどん上がってしまったという事もあります。

 

ただし、その他にもいくつかの原因があり、

そうした原因ごとに、症状も異なってきます。

以下の様な事も原因となるようです。

 

・脱水などが原因となって、脳に血が巡らなくなって起こる(熱失神)

・塩分の補給を忘れた結果、身体のミネラルが不足して起こる(熱痙攣)

・汗を大量に流し、その結果、水分の補給が間に合わずに起こる(熱疲労)

・脳の温熱中枢の機能障害により、身体の温度を調節できなくなって起こる(熱射病)

 

各原因によって、症状の重さも異なるために、

各原因を分ける分類がされています。

簡単にいえば、Ⅰ度が軽く、数字が大きくなるにつれて重くなります。

 

・Ⅰ度・・・熱失神、熱痙攣

・Ⅱ度・・・熱疲労

・Ⅲ度・・・熱射病

 

Ⅰ度である場合は、症状も軽く、

水分を補ったり、涼しいところで休む事で回復が期待できます。

 

Ⅱ度は病院で治療を受ける必要があるとされていて、

Ⅲ度となると、入院して治療をする必要があるとされています。

 

どのような原因で熱中症が起こったのか、

という事も症状の判別の参考になるので、

その辺りにも注意を払いたい所です。

 

熱中症の症状とは?

上でも書いたように、

熱中症には熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病というものが含まれていて、

それによって症状が異なってきます。

 

ただ、共通している点もあり、

めまいがしたり、頭痛が起こったり、吐き気が起こったりします

 

その他、上で書いた分類によって、特有の症状があります。

 

・熱失神・・・意識を失い、徐脈などが起こる

・熱痙攣・・・身体の硬直や痙攣が起こる

・熱疲労・・・体温の上昇、発汗や皮膚の冷却が起こる

・熱射病・・・意識障害、40度を越えるほどの体温の上昇などが起こる

 

日射病と熱中症の違いとは?

最近ではあまり聞きませんが日射病というものもあります。

昔は結構使われていた言葉なのですが、最近ではあまり聞かなくなりました。

 

実は、そもそも日射病というのは熱中症の一種なんですね。

熱中症が高温環境で起こる障害の総称であって、

日射病というのは、そのうちの太陽の日差しが原因となっているものを言うんです。

熱射病と似たようなニュアンスで用いられる事もあるみたいです。

 

昔は太陽の熱のせいで倒れるというイメージがあったから、

という話もありますが、太陽光が原因でない環境で熱中症となる人は、

昔からいたみたいで、単に取り上げられなかっただけという見方が強いそうです。

 

熱中症は太陽が当たらない場所でも起こる事があるという事ですね。

日差しが当たらないから大丈夫という事では無いことに注意しましょう。

 

 

熱中症については以上です!

あまり意識していない方もいるかもしれませんが、

思っているよりも重い症状が出たりします。

 

暑い日にはしっかりと水分補給をして、

熱中症にならないようにしたいですね。