眠れない事に悩む方は結構いると思いますが、

実は、妊娠すると眠れなくなる事があるって知っていますか?

 

女性の方だけではなく、

その恋人も知っておくべき妊娠と不眠の関係についてお伝えします。

 

妊娠初期や、妊娠中に眠いのに眠れない理由とは?

妊娠すると眠れなくなるという話は結構色んな所で耳にします。

つまり、それだけメジャーな話ということになりますが、

一体どんな原因が隠されているのでしょうか?

 

まず、妊娠すると、ホルモンのバランスがかなり変化します。

お腹に子供を宿す事になるのだから、ある意味当然であるといえるでしょう。

 

このホルモンバランスの変化が、身体に影響を与え、

妙に寝付けなくなったり、感情が不安定になったりしてしまうんです。

 

また、初期の頃では、

体温が通常より上がってしまうという事も多く、

そのせいで、上手く眠りに入れないという事も多いようです。

 

あまり知られていませんが、

すんなり眠りに入るためには、体温が下がっているという状態がベストなんですね。

それと逆行するような状態になる訳ですから、眠れないというのも無理もないかと思います。

 

また、妊娠初期の頃は、

人によっては、吐き気なんかも酷いことがあるので、

そのせいで寝られないという事も多いとのことですよ。

 

眠いのに眠れない理由の仮説として、

子供の身を守るために、24時間いつでも動けるようにするため、

という説も出ていたりします。

 

理由は色々とありますが、

ある程度は仕方ないと割り切る事で、

精神的な不安からは抜けられるかと思います。

 

妊娠中に眠いのに眠れない時の対策はどうする?

妊娠中だからといって、

不眠に対して特別な対策があるわけではなく、

あくまで普通の不眠対策と同じような対策となります。

 

具体的には、寝る前にぬるめのお風呂に入るとか、

ホットミルクなど、あったかい飲み物を飲んで、

一時的に体温を上げ、寝るときに体温が下がるようにするといったものです。

 

妊娠後期に眠いのに眠れない理由とその対策とは?

妊娠初期の頃は、ホルモンバランスの変化や、

体温の上昇などが不眠の主だった理由と言われていますが、

妊娠後期になってくると、また別の要素が絡んでくるようです。

 

後期になってくると、赤ちゃんがかなり大きくなってくるので、

その胎動で目を覚ましてしまったり、

お腹が大きくなる分、寝るときの姿勢が窮屈になってしまう事も原因となってきます。

 

また、出産に備えて、身体があまり眠らなくなるというような、

出産を控えている事による影響もあると言われています。

 

この時の対策なのですが、

上でも書いたような、通常の不眠対策がある程度有効です。

しかし、普通の不眠の対策では補いきれないという事も多いようです。

 

普段通りに眠るのが難しくなるのは仕方ないので、

時間を気にせず、眠気が来たら眠るという方法が良いと言われていますよ。

人によっては、昼の方がよく眠れるという事もあるんだとか。

 

余談となりますが、あまり眠れない時期が続くと、

胎児に悪影響があったりとかしないかと心配になる方もいるかもしれませんが、

余程ひどくなければ胎児への影響は気にしなくて良いそうですよ。

 

産後でも眠いのに眠れない?その原因と対策は?

ここまで、妊娠中に眠れなくなる原因について書いてきました。

ですが、出産が終わった産後でも眠れないという事はあります。

 

まず、大きな要因としては、

出産に伴うホルモンバランスの変化があります。

出産が終わったからといって、すぐにバランスが戻る訳ではないんですね。

 

また、出産直後の場合、

出産の際の苦痛に対抗するための脳内物質の分泌の影響で、

全然寝られなくなるという事も多いです。

 

眠れないどころか、テンションが上がりすぎて、

看護婦に注意されるほど動きまわってしまう人もいるみたいですよ。

 

これらのいわゆるマタニティブルーと呼ばれる、

出産してすぐに起こる鬱症状による不眠の場合は、割とすぐに軽減される事が多いようです。

 

しかし、産後うつで眠れなくなる場合というのもあります。

これは産後しばらくして起こるもので、出産後に母親が孤立してしまったり、

環境の変化のストレスなどによって発生すると言われています。

 

産後、数週間くらい眠れなくなるのは、

ホルモンバランスの関係で、割とよくある事のようですが、

それ以上に長引くという場合は、産後うつという可能性もあります。

 

産後、眠いのに眠れないという場合の対策ですが、

こちらも、通常の不眠対策と同じような対策になります。

 

産後うつではないかという場合では、

医者に相談したり、規則正しい生活や、運動といったような、

鬱に対する対策を取る必要も出てくるでしょう。

 

また、産後うつの場合は、配偶者に育児を協力してもらうことや、

話や悩みを聞いてもらうだけでも改善される場合があるようなので、

こうした面からも不眠対策を行うと良いかと思います。

 

ですが、産後うつというのは、

出産後、半年ほど経過すると治るというパターンが多いようなので、

あくまで一時的なものだと割り切る事も重要ですよ。

 

 

妊娠と不眠の関係については以上です!

妊娠や出産が大変だという事はよく耳にする方も多いかと思いますが、

こうした面でも母体にはかなりの負担が掛かっていたりするんですね。

 

男性の方には関係ない話かもしれませんが、

配偶者が大変な思いをしているという事は知っておきたい所です。