もう冬が過ぎて、

インフルエンザも収まったかと思いきや、

4月になっても感染が続いています。

 

この時期に感染が見られるのは、

多くがインフルエンザB型なんだとか・・・

そのB型インフルの気になる情報を調査しました。

 

インフルエンザB型とは?

一般に冬に流行るインフルエンザといえば、

インフルエンザA型のものが多いです。

 

少し前に流行った、新型インフルなんかもA型で、

強い感染力を持ち、大流行するタイプがA型となります。

 

では、インフルエンザB型とはどんなものなのでしょうか?

 

A型の場合、毎年のように、

構造が変化するため、以前獲得した免疫が使えなかったりしますが、

B型の場合は、A型のように変化が激しくないようです。

 

また、ヒト以外からも感染するA型に対して、

B型の場合はヒトとヒトの間でしか感染しないと言われています。

 

このように、A型よりも大した事の無いように思われますが、

数年に一度くらいの割合で流行しているのが、

インフルエンザB型となります。

 

インフルエンザB型の症状って?

いきなり高熱が出たり、

とても激しく症状が出るA型と異なり、

どちらかと言えば、穏やかな症状の出方をする事が多いようです。

 

ですが、これは良い面ばかりではなく、

風邪との見分けがつきにくく、

感染を広げてしまいやすいという面も持ち合わせています。

 

では、症状で見分けられるのでしょうか?

B型ではどんな症状が出るのかというと

 

・熱(微熱の事もある)

・咳、喉の痛み

・下痢

・嘔吐

・関節痛

 

などなど・・・

B型特有の症状というのは特に無いようです。

そのため、風邪との区別が難しいと言われています。

 

ただし、B型インフルエンザによく見られる傾向として、

消化器系に症状が起きやすいと言う事です。

つまり、嘔吐とか下痢とか胃炎などの症状が見られやすいという事ですね。

 

インフルエンザB型は自然治癒する?感染力は?

B型インフルはパンデミック(世界的大流行)が起こらないと言われています。

その理由として挙げられているのは、

ヒトとヒトの間でしか感染しないという宿主域の狭さが原因だそうです。

 

そのため、A型とそこまで差がある訳では無いかと思いますが、

感染力はA型の方が強いと言われていますよ。

 

また、B型インフルエンザであっても、

ウイルスが原因で起こる症状には変わりがないので、

体力が十分にあれば、自然治癒も期待出来ます。

 

ただし、子どもや老人など、

体力の無い方が感染した際は病院で医師に相談した方が良いでしょう。

 

二峰性発熱について

B型インフルエンザは、

A型に比べると激しい症状が出にくいという事ですが、

それでも高熱が出る場合は当然あります。

 

その際に、特に子供に多く見られるようですが、

高熱が一旦収まったあと、再び高熱が出る場合があります。

 

これは二峰性発熱と呼ばれるもので、

医学的には理由が分かっていないのですが、

高熱が二度に渡って起こるという現象が見られるようです。

 

そのため、特に子供が感染した場合においては、

一旦、熱が下がっても、油断せずに経過を見守る事が重要です。

 

当然ですが、二度目の高熱の際も、

インフルエンザの菌を排出する事になるので、

熱が出ている間は学校などは休む事となります。

 

熱が下がらない場合について

病院で医師にタミフルなどを処方された方もいるかと思います。

しかし、インフルエンザB型の場合は、

タミフルが効きにくいという傾向があるようです。

 

新しくイナビルという薬も出ているのですが、

こちらも人によって、効果があったり無かったりするようなので、

薬をもらっても熱が下がらないという場合には、

その旨を医師に伝えて相談した方が良いでしょう。

 

潜伏期間や完治までの期間は?

インフルエンザ自体、潜伏期間には差が大きく、

1日~10日くらいと、結構差があるようです。

 

B型だから遅いとか、そういった区分がある訳では無いようで、

ほとんどの場合は2~3日が潜伏期間となるようですよ。

 

症状の激しいA型と異なり、

B型の場合はインフルだと気づきにくいので、

潜伏期間が長く感じられる事が多いかもしれません。

 

潜伏期間中であっても、

ウイルスを排出し、他の人に感染させてしまう事があるので、

インフルが流行している最中は、

なるべく感染するような行為を避けた方が良いでしょう。

 

潜伏期間の後は、発熱などの症状が現れ、

その後、回復に向かいますが、

症状が収まった後であっても、3日ほどはウイルスの排出が見られる、

という事なので、最低でも3日ほどは休むようにした方が良いです。

 

3日ほど経過した後であっても、

全くウイルスを排出しなくなるという訳ではないので、

マスクなどを付け、周囲の人に配慮するようにしましょう。

 

ここまで書いてきましたが、あくまでも一般的な数字になるので、

会社や学校への復帰については、医者に相談するのがベストです。

 

今年2014年はB型が流行?

2013年の末から2014年に掛けてのシーズンでは、

A型だけではなく、B型の感染も見られました。

 

A型が主体の場合であれば、

3月ごろから急激に感染が治まってくるのですが、

今年はB型の割合が多く、3月になっても感染が目立っています。

 

4月になっても、まだまだ感染が見られ、

プロ野球選手の間でもB型インフルに感染した選手が出ていました。

 

B型インフルは3~4月くらいまで流行すると言われているので、

5月になれば、流石に減ってくるかと思われますが、

ツイッターなどを見てみると、まだまだ感染例が報告されています。

 

これから暑くなる時期ではありますが、

人混みなどを通る際にはマスクなどを付けるのがベターかと思われます。

 

 

インフルエンザB型については以上です!

風邪とは異なり、使ってはいけないタイプの薬など、

色々と複雑な要素があるので、インフルエンザに感染した際は、

素直に医者に行った方が良いでしょう。

 

間違った対策をしてしまうと、

インフルエンザ脳症など、重篤な事態を引き起こす事もあります。

 

春になったから安全というわけではなく、

まだまだ感染が起こっているようなので、

出来る範囲でしっかり対策をしたい所です。