ちょっと前にニュースでやっていたのですが、

小麦粉やお好み焼き粉にダニが大増殖し、

それを食べてしまってアレルギーを起こしてしまう人がいるそうです。

 

重篤なアレルギーである、

アナフィラキシーショックを起こしたという人もいるようで、

気をつける必要があるでしょう。

 

・1グラム中に22800匹?

家でお好み焼きを食べたあとに

アレルギーの反応が出たという事例の場合、

1グラム中に22800匹のダニがいたそうです。

 

この場合は開封して、台所で保存していたが、

賞味期限が2年過ぎていたというものなので、

かなり特殊な事例にはなりますが、

これだけ増えるんだという事は分かってもらえるかと思います。

 

1グラム中に22800匹って、

ほとんどダニを食べてるようなものじゃないですか・・・

 

この事例で、小麦粉の中にいたとされるダニがヒョウヒダニです。

 

・ヒョウヒダニって?

小麦粉を置いてない家庭って珍しいと思います。

その小麦粉に湧いて、大増殖するのが、

このヒョウヒダニというダニです。

 

このダニは大増殖するのみではなく、

アレルギーを起こす原因にもなるんですね。

非常にタチの悪いダニであると言えます。

 

小麦粉にアレルギーが無いにも関わらず、

お好み焼きなどでアレルギーが起きた場合は、

ダニの仕業を疑ったほうが良いかもしれません。

 

・コナダニって?

上の事例ではヒョウヒダニというものだったのですが、

コナダニというのも、小麦粉などに付くダニです。

 

これが小麦粉に入り込むと、数日の間に大増殖します。

 

すると、粉が蠢いているという、

とてつもなく気持ち悪い事態になり、

辺り一面に、何か蠢いている粉が広がってしまうんだとか・・・

小麦粉がコナダニにすり替わったような状態になるそうです。

 

台所とか、シンク下などに放置していた場合は、

素直に捨てた方が良いでしょう。

 

・小麦粉とダニの見分け方って?

小麦粉にダニが湧いた場合、

コナダニのような種類であると、

見た目的にはほとんど区別が付かないと言われています。

 

ただし、上でも書いたように

ダニが繁殖していると、小麦粉が蠢くそうなので、

中身を見てみて、何か動いていたらダニがいると見ていいでしょう。

 

保管状態に自信が無く、

よく分からなかったら捨てたほうが良いかもしれませんね。

多少残っていても、私なら捨てます。

 

・どんな環境で繁殖するの?

このダニは、常温で台所のような場所で、

保存されている小麦粉などで繁殖するそうです。

つまり、程々の気温で湿度が高い環境が危険だと言えます。

 

数字でいうと、

湿度が60%以上で、25度以上が危ないと言われています。

ただし、春とか秋にも発生するそうなので、

温度に関してはもう少し幅が広いのかもしれません。

 

ダニは湿度が55%以下になると、

死んでしまうそうなので、湿度を下げる事を優先しましょう。

 

ちなみに、粉類の中で一番危ないのが、お好み焼き粉になります。

それに次いで危ないのがホットケーキミックスです。

どちらも一度では使い切りにくい事が多いです。

もし、台所に放置していたという場合は、すぐに捨てましょう。

 

・食べてしまうとどうなるの?

ダニが増殖した小麦粉などの中には、

ダニだけではなく、その糞などもたくさんあります。

 

それも当然アレルギー物質となるので、

食べてしまうと強いアレルギー反応を起こす事もあるようです。

重度の場合は、アナフィラキシーショックを起こす事があります。

 

これは蜂に刺された時とかにも起こるもので、

呼吸困難など、命に関わる事態になります。

 

ちなみに、このアレルゲンは、

加熱しても無効化出来ないそうです。

 

・どこで保存するのが良いの?

台所付近は危ないという事ですが、

それでは、どこで保存するのが良いのでしょうか?

 

実は冷蔵庫にいれてしまうのが最善なんですね。

冷蔵庫の中ってかなり乾燥しているそうですし、

ダニが生息出来ない環境という点では非常に優れています。

 

ただし、かなり場所を喰う事になるので、

整理整頓して頑張って入れるしかなさそうです。

 

冷蔵庫に入れる際には、100均などで売られている、

タッパーのような密閉できる容器を使うと良いでしょう。

そのまま入れると、ニオイがついたりしてしまうので。

 

その際であっても、

小麦粉の口はしっかりゴムなどで閉めた方が良いそうです。

ダニというよりも、湿気を吸ってしまうからです。

 

余談ですが、台所に一味唐辛子とか胡麻など、

瓶に入ったものを置いている方もいるでしょう。

ああいうのにもダニは入ってくるそうです。

 

完全に防御したい場合は、

それらも冷蔵庫に入れるのが望ましいそうですよ。

 

・片栗粉にはダニがわかない?

片栗粉って小麦粉と並んで使い切れないものですが、

片栗粉にはダニがわかないという噂があります。

 

ですが、小麦粉やお好み焼き粉に比べると

被害は少なめという事ですが、粉類なので、

ダニが沸く可能性があるようですよ。

 

念のために、ダニが沸かないような環境で保存したほうが良いでしょう。

 

 

小麦粉に沸くダニについての話は以上です!

中々ショッキングな話になってしまったかと思います。

 

ですが、重篤な事態を引き起こす可能性もあり、

気をつけるに越したことは無いと思います。

疑わしいものがあったら捨てたほうが良いでしょうね・・・