妊婦の方で、中々陣痛が来ないという方もいるのではないでしょうか?

実は、これをやれば陣痛が来るというジンクスがあったりします。

 

今回は陣痛が来ると言われているものや、

その他、関係する噂についてお伝えします。

 

・焼き肉を食べると陣痛が来る?

原理が良くわからないですし、

医学的にも根拠の無い話ではあるのですが、

焼き肉が陣痛を引き起こすというジンクスがあります。

 

スタミナが付くので、

陣痛が来やすくなるというのが定説らしいです。

あくまでもジンクスですね。

 

来ると信じて食べるのが効果的という話もあります。

俗にいうプラシーボ効果のようなものでしょうか。

 

ですが、実際に焼き肉を食べると、

予定より早く陣痛が来たなんていう話もあるので、

試してみるのも良いかもしれませんが・・・

 

子供に良いかどうかは不明な所ですね。

確かにスタミナは付きそうです。

 

・カレーを食べると陣痛が来る?

焼き肉と並んで評判となっているのがカレー

こちらはスパイシーなのが母体を刺激して

陣痛を呼ぶという説があるそうです。

 

当然ですが、医学的に根拠はありません。

胃がもたれるという声もあるので、

試すなら負担の掛からない程度にしましょう。

 

・オロナミンCを飲むと陣痛が来る?

こちらも有名なジンクスですね。

yahoo!の知恵袋なんかでもかなり話題になっている話です。

 

その根拠としては、

オロナミンCに含まれているカフェインで、

母体が刺激されて陣痛を呼ぶのではないかというのが根拠となっています。

 

ただし、妊娠中にカフェインを摂取するのは

あまり良くないため、過剰に飲むのは避けたほうが良いでしょう。

もちろん少しくらい飲むだけなら特に影響は無いと言われています。

 

それで、オロナミンCが本当に陣痛を引き起こすのかというと、

医学的には全く根拠の無い話のようです。

簡単に言ってしまうと、偶然起こっただけという事ですね。

 

しかし、ネット上では効果があるという声も多いです。

上でも書きましたが、陣痛が来ると信じて飲むというのが良いのかもしれません。

 

余談になりますが、

オロナミンC一本中には18mgのカフェインが入っているそうです。

妊娠している人は、カフェインの摂取量を100mg/日に抑えることが

推奨されているので、5本とか6本も飲まないようにしてくださいね。

 

・富士山の絵を描くと運気上昇?

陣痛が起こっている間に富士山の絵を書くと

子宝に恵まれるというジンクスがあるそうです。

 

まず第一に、これは妊娠した人のためのものではなく、

妊婦が書いた絵をもらった人の運気が上がるという話です。

なので、富士山の絵を描くと陣痛が来るという話ではありません。

 

妊娠した時に友人とかから、

「陣痛が来たら富士山の絵を描いてね」

と言われたら、その人が子宝に恵まれたがっているという事です。

 

妊娠している時とかはナーバスになっている事が多いので、

ちょっと気に障る事があるかもしれませんが、

その友人の事を嫌いでなく、余裕があるのなら描いてあげても良いと思います。

 

忘れてたら、出産の後に適当に描いて渡してもいいかもしれません。

もしくは、陣痛が来る前に、予め描いておいても良いでしょう。

どうせ分かりゃしません(^_^;)

陣痛の時に描くのは無理という事で、

臨月くらいになったら描くという人も多いようですよ。

 

それで、描く場合はどうすれば良いのかというと、

赤い富士山というのが縁起が良いそうなので、

赤のペンなどを用いて富士山を書きましょう。

そして、太陽も一緒に描くと、更に効果が見込めるという事です。

 

それ以外の決まり事というのは特に無いようです。

あとは、なるべく気持ちを込めて描くと良いという事ですよ。

 

これは有名人も同じような事をやっていて、

ブログの読者に向けて赤富士を書きました!という方も多いです。

藤本美貴も書いていましたね。

 

余談になりますが、

芸能人などがブログに上げた赤富士を

待受などにしておくというのも効果があるそうですよ。

あくまでもジンクスではありますが。

 

・その他、陣痛が来るというジンクスは?

実は上で挙げたもの以外にもジンクスは存在します。

それを下にまとめました。

 

ラズベリーリーフティーを飲むと陣痛が来る

三陰交(くるぶし辺りにある)というツボを押すと陣痛がくる

足の裏を合わせてあぐらをかくと良い

スクワットをする

階段を昇り降りすると良い

重量のある荷物を持ってウォーキング

 

このようなジンクスもあるようです。

 

根拠が良く分からないものも多いのですが、

スクワットをするとか、階段の昇り降りをするといった、

身体を動かすものは効果があると良く言われています。

 

ただし、あまり激しい運動をして、

母体に負担を掛けるような事は避けた方が良いでしょう。

散歩くらいに留めておく方が良いのではないでしょうか。

 

 

陣痛に関係するジンクスは以上となります。

中々奇妙なものも多いですが、

陣痛が来ると信じて行う事は効果があるかもしれない、

と専門家も語っています。

 

あくまでジンクスだと割りきって、

負担を掛けない範囲でやるなら良いのではないでしょうか。