11月に入りましたね。

先月の末くらいから冷えてきて、

部屋の中にいても、とても寒く感じてしまいます。

 

これからの季節でやっておきたい事といえば寒さ対策です!

暖房だけで押し切ろうとすると電気代も凄い事になりそうですし、

結露とかも酷いことになりそうです。

 

寒さ対策にはいろんな方法があります。

身近なものを使って色んな対策が取れるようですよ。

今回はその対策法についてお伝えします。

 

 

・玄関や扉の対策

玄関って外気が入ってきやすい場所となっています。

そのため、冬になってくるととても冷えてしまい、

その冷えた空気が中に入ってきてしまうんですね。

 

まずはドア(特に玄関)の隙間を埋める事が大切です。

その埋めるための商品にはモヘアシールというものが良いそうですよ。

 

また、ビニールを玄関にカーテンの様に設置するのも有効です。

透明なものがお勧めですが、引っかからないように注意しましょう。

このビニールは大きなゴミ袋でも代用が効くそうです。

 

ビニールで冷たい風が入ってくるのを防ぐことが出来ます。

これだけでもかなりの違いが出ますよ。

カーテンなどが余っている場合はそれを使用するのも手です。

 

 

・窓の寒さ対策

窓も外気に近い場所となっているので、

そのままにしておくと、寒い空気が流れ込む事になってしまいます。

 

この対策に効果的なのがエアキャップ、通称プチプチです。

あれのプチプチしている方を窓にくっつけると、

空気が間に入るために、冷気が入ってくるのを抑える事が出来るんですね。

これは二層に重ねたりすると、より効果的になるようです。

 

プチプチでなくとも、断熱シートを貼り付けても効果があるそうです。

ホームセンターなどで購入出来るのでお試しになってみてください。

 

その他、厚手のカーテンなどが余っている場合は、

そちらに取り替えるという手もあります。

できるだけ、長くて床まであるくらいのものを使用すると良いそうですよ。

 

 

・その他、部屋やリビングの寒さ対策

冬になると、居間でも寒くなりますよね。

普段過ごす時間の多い、リビングなどでの寒さ対策もしておきたい所です。

 

まず有効なのが、扇風機を使う事です。

普通に使うのではなく、天井に向けて、空気をかき混ぜるようにして使います。

暖かい空気というのは上に溜まる性質があるので、

サーキュレーターを使うと、それを上手く巡らせる事が出来ます。

 

次に、窓の側にタイルや植物を設置するのも有効です。

このようなものは強い光を受けると、熱を蓄えるんですね。

そして、その熱をじんわりと放出して部屋を温めてくれます。

植物の鉢植えの土にも似たような効果があるため、

タイルの上に植物を置くと、より効果が増加しますよ。

 

床にコルクマットを敷き詰めるという手もあります。

コルクマットというのは、元々小さい子供にも安心の柔らかさ、

というのがウリなのですが、これは夏には涼しく冬には暖かい、

という性質も持っているようで、敷き詰めると快適に過ごせるようですよ。

 

気になるお値段は6畳分で8000円ほどとなっているみたいです。

少し値が張りますが、お金に余裕の有る方は検討しても良いかもしれません。

 

 

少し長くなりましたが、以上が冬の室内の寒さ対策となります。

この中で試せそうなものがあれば、是非試してみてください。

暖房の設定温度も少し下げれるので、電気代などの節約にもなりますよ。